サービス内容

オペレーティングリース

将来価値が見込まれる機器や設備に関し、その価値をあらかじめ見込んだ (残価設定)リーススキームです。

ファイナンスリースとオペレーティングリースの比較

お客様のメリット

設備投資資金が低減されます。

残価設定により、購入より支払リース料総額を低減することが可能です。

ファイナンスリースと比較して短期間のリースが可能です。

設備の使用期間に適したリース期間設定で陳腐化に対応可能です。

オフバランス処理が可能です。(※所定の条件を満たす必要があります)

2008年4月から導入された新リース会計基準においても、同様の扱いです。

リース期間満了後は、柔軟な選択が可能です。

期間満了後は、継続使用・物件返却・(公正市場価格での)購入が可能です。

項目 ファイナンスリース オペレーティングリース
対象物件 あらゆる設備・機械・装置等 (将来価値が見込まれる)設備・機械・装置等
目的 長期に継続的に使用する場合に適する 中・長期に継続的に使用する場合に適する
契約期間の設定 法定耐用年数に基づくリース期間 期間の拘束はない
機種の選定 使用者が自由に選定 使用者が自由に選定
在庫 保有しない 保有しない
物件の所有権 リース会社 リース会社
使用料金 一般的には、支払総額が
購入するより高くなる
一般的には、支払総額が
購入するより安くなる
保守管理 リース契約に含まれない
(保守付きもある)
リース契約に含まれない
(保守付きもある)
動産総合保険 保険料はリース料に含まれる 保険料はリース料に含まれる
中途解約 原則解約できない 契約内容による
解約時の費用 中途解約金 契約内容による
終了時の処置 物件返還又は再リース 契約延長・物件返還・購入
(公正市場価格)
契約延長時の料金 原契約における使用料金の1/10程度 原契約と同額程度が多い
(契約内容による)
物件の管理事務 固定資産税、保険料等リース会社が
手続き・支払を行う
固定資産税、保険料等リース会社が
手続き・支払を行う
損金処理 減価償却費+支払利息相当額 全額
会計処理 原則「売買 処理(オンバランス)」
(一定条件下でオフバランス)
原則「賃貸借処理(オフバランス)」
(注記を要する場合がある)

ご契約にあたってのお願い

  • お客様の経理処理につきましては、お客様の経理部門や税理士、会計士とご相談ください。
  • ご契約に当たりましては、当社所定の事前審査が必要です。
TOPへ