事業承継M&A支援

M&Aアドバイザリー サービス領域 事業承継M&A支援

詳細はM&Aアドバイザリー専用サイト

近年、経営者層の高齢化が進展しており、事業承継を円滑に行うことが課題となっております。かつて、事業承継とはオーナーが所有する自己株式を親族関係者に承継させることを前提としたもので、そのために自社株の評価を引き下げる対策をし、譲渡・贈与・相続によって承継させる方法が一般的でありました。ところが、帝国データバンクによる直近の調査では約7割の企業が後継者不在と回答していることからも、オーナーの親族関係者に事業を承継させることのみを前提とするのではなく、親族関係者以外の従業員、あるいは第三者に経営権を引き継ぐことなども含めたより広義な事業承継を考えていく必要があると認識しております。

弊社では後継者不在を経営課題としていらっしゃるクライアント様に対し、現状分析から課題の整理・解決策の決定、そして具体的なアクションまでをサポートしております。

TOPへ