サービス内容

ベンチャー企業向け投資  「イノベーティブベンチャーファンド」

ベンチャー企業向け投資 投資チーム 投資実績

イノベーティブベンチャーファンドは、日本の産業競争向上への寄与を目指し、国内外のテクノロジー分野において将来性や技術力を有し、「破壊的イノベーション」を通じた市場パラダイムの変革や世界市場への躍進を指向するテクノロジー系ベンチャー企業を創業期から発掘・育成していくことを目的としたベンチャーファンドです。

イノベーティブベンチャーファンドの特徴

三井住友銀行グループの金融ソリューション力とNECグループの技術目利き力を融合

  • 本ファンドの運営は、NECキャピタルソリューション株式会社のイノベーティブ・ベンチャーファンド部と、SMBCベンチャーキャピタル株式会社の投資部門が共同で行います。
  • NECグループは、NEC中央研究所等の技術の目利き力や、OB人材の活用等で投資先企業の成長支援を行います。
  • 三井住友銀行グループは、全国の拠点から投資対象となる企業の紹介を行い、また傘下の、SMBCベンチャーキャピタルも長年培ったネットワークにより投資案件の発掘をしてまいります。
  • 事業法人と金融機関が共同事業として、独立行政法人中小企業基盤整備機構の資金を仰ぎ、ベンチャーファンドを組成するのは、本邦では初のケースです。

ファンド概要

名称 イノベーティブ・ベンチャー投資事業有限責任組合
設立日 平成24年4月25日
運営会社 NECキャピタルソリューション株式会社(無限責任組合員:GP)
SMBCベンチャーキャピタル株式会社(無限責任組合員:GP)
出資者 独立行政法人中小企業基盤整備機構(有限責任組合員:LP)
SMBC戦略出資1号投資事業有限責任組合(有限責任組合員:LP)
日本電気株式会社(有限責任組合員:LP)
NECキャピタルソリューション株式会社
SMBCベンチャーキャピタル株式会社
期間 組合期間 12年  投資期間  7年
投資対象 ①電子機器材料・電子機器デバイスを含む情報通信、環境、医療関連の基盤技術領域の事業を行う未公開会社で、特に成長性が高く、破壊的イノベーションを起こす可能性のある企業
②上記①の企業を主な投資対象とするベンチャーキャピタルファンド

お問い合わせ先

こちらのボタンより、フォームメールでお問い合わせください。

お問い合わせ

TOPへ