株主・投資家の皆様へ

ディスクロージャー・ポリシー

情報開示の基本姿勢

当社は、株主および投資家の皆様が、当社に対する理解を深めていただき、適正な投資判断をいただくよう、有用な情報を適時、公正、公平に情報開示することを情報開示の基本姿勢としております。

情報開示の基本方針

(1)重要情報の開示

東京証券取引所が定める『上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、適時開示規則)』に該当する重要情報の開示につきましては、同規則に従い、東京証券取引所に事前説明を行ったうえで東京証券取引所の提供する『適時開示情報伝達システム(以下、TDnet)』に登録します。登録後、速やかに報道機関に同一情報を提供するとともに、弊社ホームページ上にも同一資料を掲載します。

(2)任意情報の開示

適時開示規則に該当しないが、株主および投資家の皆様にとって有用と思われる情報につきましては、弊社ホームページへの掲載や報道機関への情報提供を通じ、積極的に情報開示を行います。

(3)対面での情報開示

情報提供の公平性を保つため、当社が主催する説明会や株主・投資家の皆様との個別面談、および問い合わせにおける情報開示につきましては、既に発表済みの開示情報の範囲内に限り情報開示を行います。

業績予測について

当社が発表する資料および質疑応答には、当社の業績予測に関する情報を含む場合があります。いずれの場合におきましても、歴史的事実でないものは、現在入手可能な情報・仮定および判断に基づく将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。従いまして、将来、実際に公表される業績等は、さまざまな要因によりこれらの見通しとは大きく異なる結果となり得ることをご承知おき願います。
なお、当社は、第三者によるいかなる業績予測やレポート、および市場の風説を支持するものではなく、当該情報に関する一切のコメントを控えることとしております。

沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報提供の公平性を確保するため、決算日翌日より決算発表日までを沈黙期間として定め、当該期間中は決算内容に関する情報提供や質問に対する回答を差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に株主・投資家の投資判断に多大な影響を及ぼすと判断した将来情報や重要事実が発生した場合には、速やかに情報開示を行います。

【ご注意】
当ウェブサイトに掲載されている当社の現在の計画、戦略、判断などのうち、歴史的事実でないものは、現在入手可能な情報・仮定および判断に基づく将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。従って、将来、実際に公表される業績等は、さまざまな要因により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき願います。
TOPへ