お客様に対する取り組み

リース事業を通じた「環境」と「社会」への取り組み

当社は、NECグループと顧客基盤を共有してきた背景から、リース取扱の半数以上は官公庁自治体のお客様向けとなっており、取扱内容も中央官庁や警察、消防のシステムや住民基本台帳をはじめとする地方自治体向けシステム、教育機関向け等と、社会インフラそのものを支えてまいりました。こうした事業基盤をもとに、当社ではCSV経営実現に取り組んでおります。CSV経営実現を支える基盤として、長期的な視点での投資判断に機関投資家が注目しているESG投資にも深く関連する環境(E)・社会(S)・企業統治(G)の側面からの取り組みについて以下の記事でご紹介します。

リース事業を通じた「環境」と「社会」への取り組み(639KB)

取締役 手塚 修一

お客様に対する取り組み

当社は、より良いサービスの提供や適切なコミュニケーションを通じて、日々お客様満足の向上に取り組んでいます。当社における「お客様」とは、各種サービスを直接ご利用いただいている企業や団体等のお取引先やお客様だけではなく、リース製品の設備機器メーカー・販売店等のパートナーやリース・ファイナンス資金の調達先である金融機関等、幅広いステークホルダーの皆様と考えています。
事業においては、お客様の経営課題に対して柔軟かつスピーディなソリューションをご提供。お客様の事業拡大や業務効率化をお手伝いすることを事業ミッションとし、日々きめ細やかな提案活動を行っています。

当社の特徴とサービス例

当社の特徴 サービス例
メーカー系リース会社としての独自の経験 メーカー様の販売戦略に沿った多様な販売スキームの構築
  • 短期のレンタルから長期間のリースまで、多様な使用期間ニーズに沿ったスキーム構築が可能です
  • モノの販売からサービス提供への販売戦略の転換をお手伝いします
デットからエクイティまでの幅広い金融機能
(リースに加え、融資、ストラクチャードファイナンス、リサ・パートナーズが提供する企業投資、債権投資等)
事業プロジェクトの主体となる出資機能
  • モノを所有する機能とエクイティ機能を融合させ、アセット保有を超えた主体的な事業プロジェクトへの参画が可能です
幅広いコーポレートアドバイザリー機能 お客様の経営課題に応じた最適なアドバイザリーサービスの提供
  • フィナンシャルアドバイザリー
    アドバイザリー(M&A、PFIなど)、企業価値評価、デューデリジェンス等
  • 成長・再生支援アドバイザリー
    事業計画策定支援、金融機関調整等
  • 債権アドバイザリー
    債権デューデリジェンス、サービシング等
  • 資産(不動産・動産)アドバイザリー
    鑑定評価/簡易査定、CRE、不動産仲介等

当社独自の金融機能による経営課題解決に留まらず、お客様のより深い経営課題に対応した改善提案を可能にする独自サービスの拡充に取り組んでいます。

当社が目指すビジネスモデル

お客様の成長ステージに合わせ、金融の枠を超えてお客様の存続・成長に必要なサービスを提供します。

全ステージ NECと共に培った多様なリース販売機能を活用した売上促進をサポートします
最適なアドバイザリーサービスを提供します
成長期(投資拡大期) バランスシートへの負担を考慮した多様な資金を提供します
成熟期 リスクテイクが必要な成長戦略には、リスクマネーの調達としてキャッシュフロー経営の実現サービスを提供します

お客様の声を事業に反映

お客様相談室の運営

お客様相談室は、当社のサービスに関する総合窓口として、お客様から様々なご意見・ご要望・ご質問等をいただいています。皆様からお寄せいただいた「お客様の声」は、お客様相談室で一元管理され、サービスレベルの向上に役立てています。

お客様のご期待にお応えするために

カイゼン活動とは、お客様により高い品質とサービスを提供し満足いただけるよう、全ての業務がお客様につながることを意識し、日々の業務課題や部門横断的な課題を抽出し解決する社員参加型の継続的な業務改善活動です。
昨日より今日、今日より明日を良くしていくため、社員の一人ひとりがお客様のご期待に沿えるようレベル向上に努めPDCAサイクルを回すことにより推進しております。

品質マネジメントシステム「ISO9001」認証取得

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を2017年に本社営業部および神奈川支店の2事業所、2018年に官公社会システム営業本部の全事業所で認証を取得しています。
信頼ある品質マネジメントシステムのもとで、質の高いサービスを提供することによるお客様満足度の向上は、当社事業の継続性や成長性に寄与するものと考え、業務品質の管理体制強化に努めています。

お客様本位の業務運営に関する取組方針

当社は、企業理念に基づき「Capital Solutions」を通してより豊かな社会の実現に貢献するために、お客様本位の業務運営に努めるものとし、そのための明確な方針として「お客様本位の業務運営に関する取組方針」を定めます。

1.お客様の最善の利益の追求

当社は、CSV経営を通じてお客様と共に社会価値向上を目指すために、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客様に対して誠実・公正に業務を行い、常にお客様の満足を心がけて、お客様の利益を考慮して行動するとともに、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

2.利益相反の適切な管理

当社は、利益相反の管理対象となる当社グループ会社の範囲を定め、お客様との利益相反の可能性がある取引を類型化して正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、内部牽制の態勢をもって、当該利益相反を適切に管理することに努めます。

3.手数料等の明確化

当社は、名目を問わず、お客様が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客様に分かりやすくご理解いただけるよう情報提供することに努めます。

4.重要な情報のわかりやすい提供

当社は、お客様との情報の非対称性があることを踏まえ、手数料等のほか、金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報をお客様にご理解いただけるよう分かりやすく提供することに努めます。

5.お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、お客様ごとにふさわしい金融商品・サービスの提供を行うことに努めます。

6.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、長期的な視点から、お客様の利益を追求するための行動、お客様の公正な取扱い等を促進するように設計された報酬・業績評価体系、その他の適切な動機づけの枠組みや適切なガバナンス態勢を整備することに努め、従業員研修を通じて本方針に基づく業務運営を実現するように努めます。

TOPへ