企業情報

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスとは、株主をはじめとする地域社会、取引先、従業員といったステークホルダーの視点に立ち、中長期的観点から経営を監視・監督する仕組みであり、当社はコーポレート・ガバナンスの強化を企業の持続的成長を可能ならしめ、企業価値の最大化をもたらすための最重要課題と位置づけ、経営の機構改革に取り組んでおります。
詳しくは下のコーポレート・ガバナンス報告書をご覧ください。

リスクマネジメントにおける考え方

当社の考えるリスクマネジメントの目的とは、企業の存続性の確保とステークホルダーにとっての企業価値の向上です。
一定のリスクを引受けることは当社のビジネスには必要ですが、リスクの顕在化による会計上の損失や、補償や賠償等の発生、信用の失墜、それらの影響を受けて企業経営に大きな影響を及ぼす場合があります。
当社はリスク許容力を明確化してコントロールするリスクマネジメントを実践し、ステークホルダーとの信頼関係を高めていきます。

リスク管理体制

当社では、経営に関わるリスク特性ごとに適切に管理することで、事業の持続性と効率性を確保するよう努めています。
リスク管理規程でリスクを想定・分類し、不測の事態発生のリスクを回避、極小化するとともに、社長を委員長とするリスクマネジメント委員会を設置し、全てのリスク対策や体制の構築、実施状況の監督、協議等を行っています。また、経営企画部統合リスク管理グループにおいて、連結レベルでのリスクの把握及び管理を行っています。
また、信用リスク・金利リスク等の各種リスクを統一的な尺度で定量的に計測し、その計測された各種リスク量は経営体力と対比させてコントロールしています。

BCP策定

当社は経営の最重要課題のひとつとしてBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)を策定し、それを運用・向上させる仕組みの強化を行ってきました。
大規模震災等が発生した場合には、早期復旧及び事業継続を目指し、以下の実行指針に基づき業務に取り組みます。

目的 実行指針
従業員の安全確保 従業員の安全確保を最優先とし、安否状況の確認及び対応策を実施する。また、二次災害の防止に努める。
取引先の信頼確保 業務継続に必要な体制を整備し、災害発生後速やかに復旧活動を行い、取引先への影響を最小限にとどめる。
社員の雇用維持 災害発生後、速やかに復旧対応を行い、事業を継続し、事業規模を維持する。

災害等発生時に上記実行指針を達成するため、災害対策本部を設置して一次対応及び早期復旧を実行、事業継続活動が必要となる場合には緊急事態対策本部を設置し、事業継続計画に沿って事業継続活動を実行していきます。
また、緊急時対応要領にて、各対策本部運営の具体的実施事項を定め、上記実行指針に基づいて活動できるよう準備を行い、メンバー選任時には、BCPの取り組みや各自の役割等を周知する他、優先継続業務選定及び遂行要員選任を行い、緊急時における事業継続能力の確保を図っています。

TOPへ