コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスとは、株主をはじめとする地域社会、取引先、従業員といったステークホルダーの視点に立ち、中長期的観点から経営を監視・監督する仕組みであり、当社はコーポレート・ガバナンスの強化を企業の持続的成長を可能ならしめ、企業価値の最大化をもたらすための最重要課題と位置づけ、経営の機構改革に取り組んでおります。
詳しくは下のコーポレート・ガバナンス報告書をご覧ください。

内部統制システム

当社は「内部統制システムの整備に関する基本方針」に基づき、代表取締役社長の指導のもと、取締役及び社員が一丸となって実行するものとし、不断の見直しによってその改善を図ることで、適法かつ効率的な企業体制を整備しています。

内部統制委員会の設置

代表取締役社長を委員長とする内部統制委員会を設置し、当社グループ全社での内部統制システムの構築、推進、維持、強化に関する方針の協議、内部監査の強化、規程類や諸制度の整備・改善、各種研修の実施等を積極的に推進し、コンプライアンスの徹底及び効率的な職務執行の推進を目指しています。また、金融商品取引法に基づく「財務報告の信頼性確保」の観点からも体制の維持・改善を図り、財務報告の信頼性・適正性の確保に努めています。

TOPへ