企業情報

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスとは、株主をはじめとする地域社会、取引先、従業員といったステークホルダーの視点に立ち、中長期的観点から経営を監視・監督する仕組みであり、当社はコーポレート・ガバナンスの強化を企業の持続的成長を可能ならしめ、企業価値の最大化をもたらすための最重要課題と位置づけ、経営の機構改革に取り組んでおります。
詳しくは下のコーポレート・ガバナンス報告書をご覧ください。

コンプライアンスの考え方と推進体制

当社グループでは、「NECキャピタルソリューショングループ行動規範」を策定し、当社グループ各社の役員及び社員が、日常のあらゆる事業活動において関係法令の遵守徹底と、社会倫理に適合した行動をとることを明言しています。
また、これを確実に実行していくため、当社グループ各社の役員及び社員を対象としたコンプライアンス教育を実施するとともに、社内報等により、コンプライアンスに関する啓発と情報発信を実施しています。
コンプライアンスの推進体制としては、四半期ごとに開催される内部統制委員会において、グループ全社の取り組みを横断的に統括しています。
また、日常的なコンプライアンス監査として、監査部が法令、定款、諸規程等の遵守状況に関する内部監査を行っています。

内部通報制度

不正行為に気づいた社員が、匿名で通報できる内部通報窓口を設けています。また、通報者に対して、不利益な処分等が行われないような措置を講じています。

内部通報の流れ(ヘルプライン)

内部通報の流れ(ヘルプライン)

反社会的勢力排除の基本的な考え方

当社は、社会の秩序や安全を脅かす暴力団等の反社会的勢力を社会から排除していくことが社会共通の重要課題であることを認識し、社会的責任のある企業として、以下の通り反社会的勢力に対する基本方針を定めるとともに、この方針を実現するための体制を整備しています。

反社会的勢力に対する基本方針

  1. 反社会的勢力とは一切の関係を遮断します。
  2. 不法・不当な要求はこれを拒絶し、裏取引や資金提供を行いません。また、必要に応じ法的対応を行います。
  3. 反社会的勢力への対応は、外部専門機関と連携しつつ、組織的かつ法的に対応します。

行動規範

「NECキャピタルソリューショングループ行動規範」によって、当社グループ各社の役員及び社員の企業倫理、コンプライアンス意識向上を常に図っています。

NECキャピタルソリューショングループ行動規範

2017年1月1日現在

Ⅰ.総 則

1.この規範の趣旨および適用範囲

  • (1) 私たち(※)は、社会の一員として、日常の業務遂行の中で常に企業の社会的責任を全うすることが、NECキャピタルソリューショングループの企業価値向上につながるとの認識の下に、この規範に定める事項を誠実に遵守します。
    ※「私たち」とは、NECキャピタルソリューショングループ各社のすべての役員(これに準ずる者を含む。以下同じ。)および従業員(嘱託社員・契約社員・臨時社員・パートタイマー・アルバイトを含む。以下同じ。)をいいます。
  • (2) この規範は、NECキャピタルソリューショングループ各社の役員・従業員に適用されるものとします。

2.基本姿勢

  • (1) 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、関係法令およびこの規範をはじめとする社内規程等を常に遵守し、すべての企業活動が正常な商慣習と社会倫理に適合したものとなるよう努めます。
  • (2) 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、すべての人の基本的人権を尊重します。また、人種、信条、性別、年齢、社会的身分、門地、国籍、民族、宗教または障害の有無等の理由による差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。
  • (3) 私たちは、お客さま、取引先、従業員等の個人のプライバシーを尊重します。
  • (4) 私たちは、NECキャピタルソリューショングループと利害関係をもつすべての者との間で公平・公正かつ透明な関係を維持し、公正な取引を行います。
  • (5) 私たちは、NECキャピタルソリューショングループの正当な利益に反して、自分や第三者の利益をはかるような行為を行いません。
  • (6) 私たちは、NECキャピタルソリューショングループの信用、名誉を毀損するような行為を一切行いません。
  • (7) 私たちは、内部統制が有効に機能する体制を整備し、運用します。
  • (8) 私たちは、財務・会計関係をはじめとするすべての記録を正確かつ公正に行う等、関係法令および社内規程等に従って、適正に業務を遂行し、不正な会計処理およびNECキャピタルソリューショングループに損害を生じさせる行為等を決して行いません。
  • (9) 私たちは、常に社会人としての自覚を持ち、高い道徳観、倫理観に基づき社会的良識に従って行動します。

3.規範遵守の責任

  • (1) 私たちは、この規範に定める事項を誠実に実行します。
  • (2) 役員は、担当する部門のすべての従業員が、また管理する立場にある従業員はその管理する従業員が、この規範に定める事項を遵守するよう指導、監督します。
  • (3) NECキャピタルソリューショングループ各社における関係各部門は、この規範に従った企業行動の確実な実施を確保するため、社内規程等の制定、具体的な遵守事項の周知徹底、助言、指導その他必要な活動を展開します。
  • (4) 私たちは、この規範に違反する行為を行った場合、関係法令、従業員就業規則等の定めるところにより、懲戒処分等の対象となり得ることを認識します。

4.内部通報窓口

この規範に違反した行為または違反するおそれのある行為が行われていることを知ったNECキャピタルソリューショングループの役員および従業員が、内部通報できる体制を整備しています。内部通報受付窓口は、NECキャピタルソリューション株式会社が定める外部機関に設けています。この場合において、通報者は、通報した事実によってなんらの不利益も受けることはありません。

5.制定および改正

  • (1) この規範は、NECキャピタルソリューション株式会社内部統制委員会の協議を経て、取締役会が制定します。
  • (2) この規範は、必要に応じて、NECキャピタルソリューション株式会社の取締役会で改正します。

Ⅱ.社会との関係

1.環境保全

私たちは、NECキャピタルソリューション株式会社の企業理念である「私たちは、「Capital solution」を通してより豊かな社会の実現に貢献します。」を実現するために、関係法令および各種規制を遵守することはもちろんのこと、リースによる3R(リデュース、リユース、リサイクル)と環境金融サービスによる環境技術の普及を通じて、地球環境の保全および改善に努め、持続可能な社会づくりに貢献します。

2.社会への積極的参加

自発的な社会貢献活動への参加が私たち一人ひとりのモラル向上と地域・社会との良好な関係構築や持続可能な社会形成につながるものとして、私たちは自発的な社会貢献活動への参加を奨励し、支援していきます。

3.反社会的行為への関与の禁止

  • (1) 私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対しては断固たる行動をとるものとし、一切の関係を遮断します。
  • (2) 私たちは、反社会的勢力・団体の活動を助長するような行為を行いません。

4.寄付行為

私たちは、寄付行為を実施するにあたっては、その必要性、妥当性を十分に考慮し、関係法令等に従って行います。

5.政治資金

私たちは、政治資金、選挙、政治活動に関して、政治資金規正法、公職選挙法等の関係法令を遵守します。

Ⅲ.お客さま、取引先等との関係

1.サービス・商品の品質および安全性の確保

私たちは、常にお客さまの満足を心がけ、関係法令等に従い、私たちが提供するソリューション等のサービスの品質確保のみならず、その一環で提供する商品(例えばリース物件)等の安全性および品質に十分配慮します。

2.自由な競争および公正な取引

  • (1) 私たちは、すべての取引先との間で、自由な競争原理に基づき、独占禁止法、不正競争防止法等の関係法令を遵守した公正な取引を励行します。
  • (2) 私たちは、談合やカルテル行為等、公正かつ自由な競争を阻害する行為、自由な競争の制限につながる会合への参加や情報交換およびそのような行為に該当するとの疑義を招く行為を行いません。
  • (3) 私たちは、お客さま、取引先、競争会社との関係を常に透明かつ公正なものとし、社会倫理に従って誠実な取引を行います。

3.購入先・業務委託先との取引に関する方針

  • (1) 私たちは、購入先および業務委託先に対し、常に対等、公正な立場で接し、関係法令および契約に従って誠実な取引を行います。
  • (2) 私たちは、購入先および業務委託先に対し、優越的地位を利用して不当な不利益を及ぼす取引を行いません。
  • (3) 私たちは、調達等に関する職務に関連して、利益や便宜の供与を受ける等の個人的な利益の追求を行いません。

4.金融会社としての取引の安全の確保・権利の保全

  • (1) 私たちは、取引によりNECキャピタルソリューショングループが被る損失を回避するため、取引にあたっては、入念に取引先、取引内容等に関し事前審査を行うともに、NECキャピタルソリューショングループ各社の定めるルールに従って契約手続きを行います。
  • (2) 私たちは、会社財産・取引物件に関する権利の行使および当該権利を保全するための措置を怠りません。

5.接待・贈答等に関する方針

  • (1) 私たちは、取引先等との接待、贈答品の授受に関して健全な商慣習や社会的常識に沿った行動をします。
  • (2) 私たちは、国会議員、地方公共団体の長および議員、官公庁・地方公共団体の役職員(法人・団体の役職員あってみなし公務員とされる者を含む。)等に対し、贈賄行為を行わないことはもちろん、営業上の不正な利益を得るための利益供与、便宜供与とみられる接待、贈答品の提供、その他合理的根拠のない対応等を行いません。
  • (3) 私たちは、外国政府・地方公共団体の役職員等の外国公務員等(みなし公務員とされる者を含む。)に対し贈賄行為および営業上の不正な利益を得るための利益供与とみられる行為を行いません。

6.輸出入に関する方針

私たちは、NECキャピタルソリューショングループ各社が商品、技術、役務等を直接輸出する場合はもちろん、NECキャピタルソリューショングループ各社が販売等を行った商品、技術、役務等の間接輸出の場合であっても、外国為替及び外国貿易法その他の国内外の関係法令による規制を自ら遵守し、また取引先等が遵守するよう、社内規程等の手続に従って適正に実施します。

7.宣伝・広告等に関する方針

私たちは、宣伝・広告その他の営業活動において、サービスや商品の品質、内容等について事実に反する表示・表現またはお客さまに誤解を生じさせるおそれのある表示・表現を行いません。

Ⅳ.株主・投資家の皆さまとの関係

1.企業情報の発信

  • (1) 私たちは、株主・投資家の皆さまに対し、会社の経営内容、事業活動状況等の企業情報の開示を関係法令等に従って行います。
  • (2) 私たちは、発信する企業情報の正確性を常に確保し、秘密保持の必要性を考慮して適時、適切かつ公平な方法により情報発信を行います。

2.インサイダー取引の禁止

私たちは、職務や取引に関連して知り得たNECキャピタルソリューショングループおよび他社の未公表の情報を利用して、株式等の有価証券の売買を行いません。また、その情報を利用して第三者への利益提供または便宜供与を行いません。

Ⅴ.会社財産・情報の管理

1.会社財産の管理および適正使用

私たちは、会社財産(有形・無形の資産)を社内規程等に従い適正に管理し、私的用途に流用する等、業務目的以外に使用しません。

2.機密情報の取扱

  • (1) 私たちは、NECキャピタルソリューショングループ各社の機密情報を厳重に管理し、在職中のみならず退職後も、社内規程等の手続によることなく開示・漏洩しません。
  • (2) 私たちは、在職中のみならず退職後も、NECキャピタルソリューショングループ各社の機密情報を不正または不当に利用しません。
  • (3) 私たちは、業務上知り得たお客さま、取引先等の情報を、契約書等で定められた正当な目的以外の目的に使用しないとともに、社内規程等に定められた手続を踏むことなく、開示・漏洩しないよう厳重に管理します。
  • (4) 私たちは、不正な方法によりお客さま、取引先等の機密情報にアクセスし、またはこれを入手しません。

3.個人情報の取扱

私たちは、個人情報保護の重要性を認識し、社内規程等に従い、適切な個人情報の取得、利用および提供を行います。また、必要かつ適切なセキュリティ対策を講じることにより、取り扱う個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止および是正に努めます。

4.知的財産権の保護と活用

  • (1) 私たちは、企業活動に伴う知的活動の成果を知的財産(著作権、商標権、意匠権、特許権、実用新案権等、および、ノウハウ、営業秘訣等)として保護、維持し、かつ積極的に活用するよう努めます。これらの権利の保護および許諾・使用等は、社内規程等に従い行います。
  • (2) 私たちは、第三者の正当な知的財産権を尊重し、侵害または不正使用を行いません。

以 上

コンプライアンス教育

当社グループ各社の役員及び社員一人ひとりが、すべての企業活動の根本であるコンプライアンスの必要性や重要性について理解し、「NECキャピタルソリューショングループ行動規範」の各規程に従って、適切に業務を遂行していくために、毎年コンプライアンス教育を実施し、全グループ会社の役員及び社員(派遣社員含む)全員が受講しています。その他、社外講師による集合セミナーとして「情報セキュリティセミナー」といった個別テーマを設定して実施しています。

2018年3月期実績

研修名 受講者数 対象
コンプライアンス研修(WEB) 802名 グループ社員全員
貸金業従事者研修(WEB) 230名 当社社員
情報セキュリティ社内セミナー 170名 グループ社員
情報セキュリティ研修(WEB) 909名 グループ社員全員
TOPへ