環境のために

環境課題への取り組み

環境ファイナンスへの取り組み

■エコリース・エコファイナンス

当社は、環境問題解決に資する機器・設備導入等を推進するため、当社独自のアセスメント基準によって認定するエコリース・エコファイナンスに積極的に取り組んでいます。

■エコリース・エコファイナンスの認定

全国の営業担当者から以下に該当する物件について、エコリース・エコファイナンス適用の申請が出されます。申請に対して環境マネジメントシステムの責任者が当社独自の判定基準によって適用を決定しています。

エコリース・エコファイナンス対象物件(抜粋)
(1)環境負荷を低減させる装置
公害防止装置等 大気汚染防止装置
水質汚濁防止装置
ゴミ処理装置
騒音振動防止装置
フロン排出抑制装置
省エネ型装置・技術システム コージェネレーション
再資源化装置・技術
自然エネルギーによる発電システム 新エネルギー発電装置・蓄電装置
(2)環境への負荷の少ない製品
廃棄物のリサイクル・省資源化 アルミ缶リサイクル
ガラスカレット
再生プラスチック
会社での省エネ機器等 住宅の断熱化
省エネ電器製品
より環境への負荷の少ない商品 代替フロンガス
その他エコマーク製品
木材を有効利用した木製品
NECのエコシンボルPC
(3)環境保全に資するサービス
環境アセスメント 環境アセスメント
廃棄物処理・再生資源回収 廃棄物処理事業
再生資源回収事業
土壌・地下水汚染浄化 土壌・地下水汚染浄化事業
環境維持管理・環境コンサルタント 環境維持管理事業
環境リスクマネジメント
情報型エコビジネス 環境情報システム
(4)社会基盤の整備技術・機器・システム
廃棄物処理施設等 廃棄物処理施設整備事業
省エネ・省資源型システム 省エネルギー型施設・設備
緑化・植林事業 屋上緑化
森林設備関連事業
水域環境回復事業 水域環境復帰事業
エコリース・エコファイナンスの判定基準
項目 評価ポイント
A:環境性
(1) GHG・エネルギー効率 CO2軽減・フロン代替・省エネ効果等
(2) 原材料・エネルギー種類 再生材料・化学物質・使用エネルギー等
(3) エコ設計・エコデザイン・3R 環境配慮設計・製造工程のエコ化等
(4) 経営・プロダクツの環境指向 ISO取得・事業の環境指向・受賞歴等
(5) 生物多様性配慮 生物多様性配慮
B:経済性 収益貢献・コストカット効果等
C:社会性 社会(地域・消費者等)への貢献
D:拡張性 社内展開可能・企業価値向上、将来収益への貢献等
E:独自性 市場競争力・イノベーティブなビジネスモデル等
F:その他 その他特記すべき事項

循環型社会構築への取り組み

■リース・レンタルを通じた循環型社会づくり

リース・レンタルは、製品が必ず返却され適正に3R処理できることから、資源循環型のサービスであると考えています。当社は設備のリース・レンタルへの切り替えをお客様に積極的にお勧めすることで、資源循環型の社会づくりに貢献します。

■主なサービス

「PITマネージドサービス」
ICT資産の「調達・導入支援」「セキュリティ管理」「契約・資産管理」「運用管理」まで、お客様のライフサイクルにあわせたサービスをご提供します。
お客様の業務効率を改善する、最適なサービスを取り揃えています。

pit

「PITマネージドサービス」

「Nレンタル」
レンタル終了時の市場価値を考慮したレンタル料設定、柔軟性のあるレンタル期間対応等により、お客様のTCO(Total Cost of Ownership:コンピュータシステムの導入、維持・管理等にかかる費用の総額)削減のほか、様々なメリットを提供します。

■グループ全体で取り組む3Rシステム

当社ではリース・レンタル満了品のうち、再販可能なICT製品をリユースしています。グループ会社であるキャピテック&リブートテクノロジーサービス株式会社を通じてデータ消去・清掃を施し、国内外に再販しています。
再販が難しい製品は、NECグループの3Rシステムにより部品リユースを行います。回収される使用済製品からリユースされる部品数は年間1万点を超えています。部品リユース後の製品は、鉄や銅、アルミなどの材料に分けられ、最終的には99%がリユース・リサイクルされています。

キャピテック&リブートテクノロジーサービス株式会社

100%子会社である同社では、厳格な検査・データ消去作業を施した後、月間数千台規模で国内外にリース契約終了後のICT機器を販売しています。当社からの安定的な中古ICT製品の供給を背景に、国内における豊富な販売チャネルに加え、海外への直接輸出販売を行っています。ISO9001や14001、27001の統合認証を取得しており、国内最高のICTライフ・サイクル・サービスの提供を目指して取り組んでいます。

nec

TOPへ